HOME

日々のこと

日々のこと

ハーブのこと、ガーデンのこと季節の変化、集まる人々。

ガーデンからお届けするちょっとしたお話

 

新商品 和はあぶ干菓子「桔梗」と「近江かぶら」を発売 2020.3
2020.06.26 

 

 

桔梗

乾燥させた桔梗の根を使っています。
生薬としても有名な桔梗のほんのりと爽やかな苦みは、気管支などの症状(咳、痰、喉の痛み)に良いとされています。

明智光秀ゆかりの地、坂本。明智家の家紋「桔梗紋」を形どりました。

干菓子 和はあぶ桔梗1

近江かぶら

滋賀県大津市で昔から作られていた蕪「近江かぶら」は、京都の聖護院蕪の原種とも言われています。
江戸時代に現在の大津京から坂本一帯で栽培されていました。

この伝承野菜の種を大津市より譲り受け、千野の畑で栽培。

ほんのり甘い蕪の風味を感じる干菓子として開発しました。

-種まきの様子-

写真 2019-09-17 10 42 23

-2回間引きを実施-

写真 2019-11-08 14 34 30

-収穫-

写真 2020-05-31 22 57 14