HOME

日々のこと

日々のこと

ハーブのこと、ガーデンのこと季節の変化、集まる人々。

ガーデンからお届けするちょっとしたお話

 

ネトルの花が咲いています
2016.06.01 

 

ハーブガーデンでは二年目の春を迎えています。一年目の去年は植え付けたばかりの小さな苗ばかりでしたが、今年はその苗も大きくなってきて見応えがでてきました。去年は咲かなかったお花もたくさん見られます。

そんなお花のひとつにネトルの花があります。去年は見られませんでした。地味なハーブで、植物療法に興味を持たなければ、知ることもないハーブかもしれません。植物療法では浄血作用があることから、体質改善のハーブ、そこからアレルギーケアなどに使用されるハーブです。

生きているネトルを触るとチクチク痛いですが、トゲは乾燥させたり加熱すると痛みは感じなくなります。ガーデン内のスクールでは花粉症やアトピーで悩む方に提案することが多いハーブですが、使用部位は葉です。町のハーブショップでもネトルは乾燥させた葉が販売されています。

nettle

 

この一見シソのような葉です。うっかり触ってしまうとぴりぴりチクチクとした痛みが走ります。バラや山椒の棘とちがい、細かく小さな棘です。ガーデン内のスタッフ誰もお世話したがりません。かわいそうに・・・

さて、初夏を迎えようという今、このネトルが花を咲かせています。

13312660_1184819171536317_2320597232932379884_n

お花も細かくて几帳面な感じがしますね。花はあまり注目されないネトルですが、この機会にネトルのお花の姿も覚えておいてあげてください。特にネトルのお世話になっている方は・・・^^