HOME

学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

ハーブガーデンからお届けする

最新のお知らせを掲載いたします

 

実は使えるナツミカン精油
2021.01.19 

 

スイートオレンジ、ベルガモット、レモン・・・・様々な柑橘系の精油がありますが、ナツミカン精油って使ったことありますか?

または香ったことありますか?
割と珍しい精油ではないかと思います。
ナツミカンは、芳香性健胃薬の原料にされるくらい薬効の高いもの。
それは実はリモネンの含有量にあります。
リモネンは柑橘系精油には共通して含まれている成分ですが、どのくらい含まれているかというと。
スイートオレンジ 95%以上
グレープフルーツ 95%以上
柚子 70~80%
レモン 60~70%
ベルガモット 30~40%
というデータが公開されています。
さて、ナツミカン精油のリモネンの含有量ってどのくらいか想像できますか?
わがガーデンで製造したナツミカン精油を成分分析に出した結果、リモネンの含有量は89.86%と検出されました。
これは上記の表にあてはめると3番目に多いことになります。
今、リモネンの持つ作用が注目されています。
誰もが聞いたことがあるなじみのある芳香成分のイメージがありますが、
リラックス効果や血行促進作用はよく知られていますが、免疫力を高める作用や育毛促進・抜け毛予防の作用も報告されています。
抗菌・抗ウイルス作用も期待でき、掃除グッズや消毒グッズなどのアロマクラフトにも利用できますね。
私たちも手指消毒用スプレーのブレンドに加えています。
先日、養護学校の郊外学習で身近な香りに触れる体験で、ナツミカン精油の香りを皆さんに体験していただきました。
ナツミカン精油の香りは、子どもたちの表情を明るくしたり、笑顔に導いたり、口をもぐもぐ動かす動作を促したり、様々な反応が見られ、どの反応も「快」のメッセージで、私たちもとてもうれしくなりました。
成分分析の結果からも光毒性について過敏になる必要はないと思われます。
希釈濃度は上限1%を守っている限りは大丈夫でしょう。
ほかの精油とも相性がよく、和を感じる柑橘の香り。
ぜひナツミカン精油をいろんな場面で活用していみてください。